整体師は国家資格ではなく「民間資格」


整体師は国家資格ではなく「民間資格」

整体師の資格免許は国家資格ではなく「民間資格」です。

 

民間資格ですので整体師になるのに特に整体免許が必須ということではありませんが、法律上そう解釈することができるということだけ

 

実際は整体養成の専門学校に通って知識を学び、整体という「矯正技術」を習得して卒業と同時に資格取得して修行(就職)してゆくのがベターです。(独学ではほぼムリです)

 

 

さらにここが一番大事な所ですが、

 

整体師は
「来る患者さんの悩み・痛みを解決する」のが仕事です。

 

 

当然来る患者さんは国家資格だから民間資格だからという肩書き基準で来院してくる人はほとんどいません。

 

なによりも考えていることは「治して欲しい」「楽にして欲しい」ということです。

 

 

これから整体師になろうと考えている方は、可能な限り通信講座で学ぶのではなく、整体養成スクールでしっかりと知識とスキルを身に付けていくスタイルで学んでおいた方がいいでしょう。

 

整体養成の専門学校で学ぶ場合、常に手技療法関連の求人案件が来ているので、就職の窓口が広く、またいつでも修行に入ることができます。また独立開業支援制度も充実しています。

 

なお独立開業は民間資格でもまったく問題なく独立開業することができます。

スポンサード リンク