整体師の資格取得は必要?


整体師の資格免許の取得は必要?

整体師は医療・健康系の仕事になりますが、整体師の資格免許は「民間資格」に分類されます。

 

民間資格・・・民間の企業や業界団体、任意団体、学校などが試験を実施し、文部科学省や経済産業省などの官庁またはその大臣が認定する資格のこと。難易度は簡単なものから超難関なものまで様々。

 

例)臨床心理士・医療環境管理士・ヘアーメイクアーティスト・タイ古式マッサージ・リフレクソロジー・エステティシャンなど

 

 

整体師の資格は業務独占資格ではないので
整体師になるのに特に整体免許が必須ということではありません。

 

ですがこれはあくまでも法律上そう解釈することができるということだけで
実際は整体スクールに通って知識を学び、技術を習得して卒業と同時に資格取得して修行(就職)というのが通常です。

 

 

整体は「人の身体を扱う仕事」なので、当然ながら基礎医学(解剖学・生理学・病理学・整形外科学)といった知識と平行しながら、さらに「矯正」という整体独自の技・スキルを習得する必要があります。

 

つまり独学ではほぼ学ぶことは不可能です。

 

 

また整体師の資格免許は、整体師としての実力の証明になり、即戦力として整体院の職場で働くためにも必要不可欠な資格になってきます。

 

就職(修行)にも断然有利になってくるので、まずは整体養成スクールに通って卒業と同時に整体免許を取得した方がいいでしょう。

 

その後、現場(就職先)で修行を積んで一人前の整体師を目指してゆくのがベターです。

スポンサード リンク