整体師になるには?(全体像)


整体師になるには?(全体像)

基本的に、整体師になるための方法は
「整体養成スクールで学ぶ」「通信講座を利用して整体を学ぶ」の2パターンが一般的です。

■整体養成スクールで学ぶ (基礎知識・技術の習得。整体院で働きながら通うとなお良し)
↓↓
資格取得 ⇒ 整体院・各治療院等で働く (経験を積む) ⇒ 院長 or 独立開業へ

■通信講座を利用して整体を学ぶ (基礎知識の習得がメイン。技術はほぼ学べないので整体や癒しマッサージ店などで働きながら学ぶことは必須。)
↓↓
資格取得 ⇒ 整体院・各治療院等で働く (経験を積む) ⇒ 院長 or 独立開業へ


他にもどこか有名な先生の整体院で直接指導&実践経験を積みつつ通信講座で基礎知識を身に付けてゆくという方法もOKです。


整体師の資格は「民間資格」に分類されるので、絶対必要なわけではありません。法律の解釈上、明日から「整体師です」と宣言すれば誰にでもなれます。

ですが勿論そんな方はいませんし、基本的に整体業は「実践経験がすべて」なので、必ずどこかで技術の反復練習して「モノ」にしてゆく必要があります。

特に骨盤矯正や輪郭矯正等のような特殊スキルを習得するには
かなりの時間と経験(練習)が必要です。(1、2年以上)

独学で技術をモノにするのは絶対にムリです。


ですのでやはり、整体専門のスクールに通学して、基礎知識と技術を習得するのが一番確実と言えます。


もし通信教育の場合なら、必ずどこかの治療院(整体院・カイロプラクティック院、クイックマッサージ等)で実践経験を積みながら勉強してゆきましょう。

いくら動画解説だとか最高の教材であっても、整体業は「現場での実践経験がすべて」。通信講座のみでの技術習得は非常に困難ですので。参)通信教育ではダメな理由


これから整体師を目指すなら、まずは色んな整体師養成スクールの資料・パンフレットを取り寄せてみて、学費やカリキュラム・講師陣等をチェック。「学校説明会」に出席して「実際の雰囲気」を確認するなどして、質の良い学校を見つけてましょう。大抵無料で参加可能です

通信教育ならほぼ基礎知識の勉強なので、なるべく分かりやすい教材を購入すれば良いと思います。

スポンサード リンク