整体師の仕事内容


整体師の仕事内容


カウンセリング(相談) ⇒ カルテ記入 ⇒ 施術方針の決定 ⇒ 「整体施術」 ⇒ アフターフォロー(アドバイス)

 

あくまでも一つの型ですが、全体的に
こういったパターンで仕事をこなすことが多くなります。

 

 

扱う疾患は多種多様です。

 

・肩こり、腰痛、五十肩、坐骨神経痛・・のような筋肉・関節・骨格系の疾患
・身体が重い、だるい、動悸や息切れがする・・といった現代特有の生活習慣病の予防・改善
・ダイエット、O脚、X脚の改善、むくみの改善といった美容の悩み改善
・スポーツ選手のケア・アフターフォロー、筋力低下・各トレーニング指導
・日々の仕事・生活からくる身体の疲れの解消
・精神・心理に関わってくるもの(ストレス・ヤル気改善など)
・姿勢の改善(猫背など)、頭痛、冷え解消・・・etc

 

こういった様々な症状と向き合って
「整体(矯正・各筋肉の緩和操作)」というテクニックを使って、痛みの緩和・症状の回復を促すのが整体師の仕事になります。

 

整体師は「民間資格」に分類されますので、この疾患だけしか扱わないといけないという規制はありません。ですので逆に民間資格だからこそ扱う疾患は多種多様で活躍の幅が広くなっています。

 

 

アフターフォローでは患者さんに自宅でやってもらうべきこと(体操など)を指導したり、生活習慣で気を付けるべきこと、心がけることなどをアドバイスしてゆきます。

 

これは病院で診てもらえない、診察してもらってもよく原因が分からない疾患のほとんどが、普段の生活習慣からくるものと関係があるためです。

スポンサード リンク